守り続けるのは、心ある美味しさ…



ひとくち餃子発祥店 天平

小さな手で包まれた
一粒から歴史が始まった

昭和30年、古き日本の風情を感じる時代、大阪北新地の路地裏で天平の餃子は産声をあげました。時が流れ、人や街が変わっても、変わらぬ美味しさを守り続けた「天平」の餃子は、その味や形、お口直しのお漬物という独特の組み合わせまでもが大阪ひとくち餃子の基本となり皆様に親しまれています。

◇天平の誕生◇

天平が創業した当時は、現在の様に食べ物が自由に手に入る時代ではありませんでした。そんな食料に事欠くような時代に、飲食店を始めようと決意した初代店主が、一口餃子を生み出したのです。
当時、会社勤めをしていた彼女に、空店舗を使って商売をしないか、という話が舞い込んできました。場所は、大阪・日活の映画館(現・ホテルモントレ)横、カウンター7〜8席の小さな店舗でした。その時、彼女に「大衆向けに餃子を作ろう!」と「仏知」が降りてきました。そして、天平は誕生したのです。

◇天平の由来◇

「天平」という店名は、初代店主が大好きだった「天平時代(てんぴょうじだい)」や、「天平の甍(てんぴょうのいらか)」などの言葉が由来のため、本来は「天平(てんぴょう)」でした。
しかし、お客様から「てんぺい」と呼ばれることが多く、次第に正式な店名もそのようになりました。また、天平は左右対称の文字。のれんがかかっていれば、お客様が入口から入る時、出口から出る時も同じように見えるようにもしたのです。

◇専門店にいたるまで◇

天平は、創業から餃子専門店だったわけではありません。創業当初は、ひとくち餃子・キュウリの漬物といった現在の定番メニューの他に、おでんやお茶漬けも販売しておりました。
また、初代店主はアルコールが飲めないという理由から、酒類は一切置いておりませんでした。
お客様からの「せめてビールだけでも置いてくれないか」といったご要望や、おでんの仕込みに時間がかかり過ぎることから、現在のメニューになったのです。



天平北新地本店へいらっしゃいませ
天平のひとくち餃子とは…
TOPへ戻る

(c)Hitokuti Gyouza Tenpei